×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


「OpenOffice.org」ならびに「LibreOffice」とは何なのか、簡単な説明です。

◎「OpenOffice.org」ならびに「LibreOffice」とは...

無償・オープンソースで公開・配布しているオフィスソフトです。

LibreOfficeはOpenOffice.orgをベースに派生したもので、若干機能付加&改良されてる部分もあります。

双方とも以下の機能があります。

機能の名称

アイコンは左はOpenOffice.org、右はLibreOfficeのもの

外観見本・使用例

(クリックすると、別ウィンドウで拡大表示します)

※画像はOpenOffice.org3.3.0のものです。

Calc(カルク)

表計算

Microsoft OfficeでいうExcelにあたる表計算ソフト。Excel形式のファイルの読み書きにも対応。

※Excel2007形式(*.xlsx)の読み込みにも対応。

※LibreOffice:上記に加え、Excel2007形式(*.xlsx)の保存にも対応。

Writer(ライター)

ワープロ

Microsoft OfficeでいうWordにあたるワープロソフト。Word形式のファイルの読み書きにも対応。

※Word2007形式(*.docx)の読み込みにも対応。

※LibreOffice:上記に加え、Word2007形式(*.docx)の保存にも対応。

Impress(インプレス)

プレゼンテーション

Microsoft OfficeでいうPowerPointにあたるプレゼンソフト。PowerPoint形式のファイルの読み書きにも対応。

※PowerPoint2007形式(*.pptx)の読み込みにも対応。

※LibreOffice:上記に加え、PowerPoint2007形式(*.pptx)の保存にも対応。

Draw(ドロー)

図形、イラスト作成

Microsoft Officeでいう「Visio」みたいな図形描画ソフト。フローチャートや複雑なレイアウトのチラシ・ロゴ・イラスト作成に重宝。ビットマップ画像をベクトル化したり、SVG形式ファイルのエクスポートにも対応。

レイヤ機能もあり、下絵をロックしてその上から線などでなぞる「トレース」も可能。

※拡張機能を組み込むとことで、PDF形式のインポートにも対応。

Base(ベース)

データベース

Microsoft OfficeでいうAccessみたいなデータベースソフト。ただし、Access形式はデータ・クエリ部分しか利用できない(フォーム・モジュール等は互換性なし)

Math(マス)

数式エディタ

Microsoft Officeでいう数式エディタソフト。数学公式等の複雑なものを表現できる。

 

 


<< トップページへ戻る

OpenOffice.orgのメリットとは >